就活の髪型は?メンズの場合は前髪をチェック!おでこ全開がグッド!

仕事

 

皆さん、就職活動で髪型は清潔感があるようにセットしてますか?
人間見た目である程度は判断されてしまいます。髪型もいま一度鏡で
確認してみてはどうでしょうか?




第一印象は重要!!髪型で大きく差がつくかも?

スポンサーリンク

 



 

前髪が長いと暗い印象を与えるかも?

 

髪型で男性が爽やかさアピールしたければ、前髪は上げておでこを出すのがベストです。
前髪を変えるだけで印象はかなり変わります。


例えば、前髪が長くて目元が隠れている人と、おでこが出て顔全体が見えるのではどうでしょう?
イメージが良いのは、おそらく後者だと思いませんか?

社会人になればスーツを着る機会は増えると思います。これは営業マンに限ったことではありません。

せっかくスーツを着ていても、前髪が長すぎたりすると、清潔感が感じられません。

 

そのため面接官に対し好印象を与えることは難しくなります。

つまり面接時に不利になってしまいます。

 

 

暗い印象は面接では不利になる

 

一般的に長髪に対して清潔感のイメージはありません。

一概には言えませんが、長髪はヴィジュアル系バンドのイメージが強いかと思います。
これから社会人になろうという方が、長髪で面接に来ると、やる気を疑われてしまう可能性もあります。

 

また、襟足もみあげにも注意です。
前髪が短くて、襟足やもみあげが長いのはどうでしょうか?

 

どう考えても面接官に対して好印象とは思えませんよね・・・

 

 

 




おでこを出すと明るい印象を与える

 

やはり面接官ウケが良い髪型は、短髪でおでこを出したスタイルではないでしょうか?


就活生も身だしなみが大事です。

 

スーツの着こなしよりも、顔のイメージで仕事ができそうな雰囲気が感じられます。

 

初対面の人を判断する場合、9割は「見た目」だといいます。

髪が短い方が爽やかさで真面目に見えるのなら、それだけで面接官に対して有利になりますよね

 

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は就活の際の「髪型」について考えてみました。

 

特に前髪は重要で、前髪が長いとどうしても「暗い」印象を与えてしまう危険があります。

 

普段は「おでこ全開」でない人でも、就活で面接官に明るい印象を与え、

かつ、「真面目そう」、「爽やかで好印象」などのイメージを与えられるなら

面接官に対して、イメージアップできるようにしてみる方が「内定」を勝ち取る為に
必要ではないでしょうか?

 

 

それではまた。

 




仕事
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩