増税の度に郵便料金はどのように変わった?10月からまた値上げ!


総務省は10月1日から、消費税増税に伴い、手紙を82円から84円、
はがきは62円から63円に値上げする方針を固めました。
消費税率が8%から10%に上がる分を郵便料金に転嫁する。




スポンサーリンク

10月1日からまた値上げに

前回の値上げは、いつだったか覚えていますか?

ハガキは2017年に52円から62円に。
手紙は2014年に80円から82円に値上げしました。

そして今回、2019年10月に増税に伴い、

ハガキはに62円から63円に。
手紙は82円から84円に値上げするようです。

増税に伴う郵便料金の移り変わり

過去に何度も郵便料金の改定はありましたが、
大体、増税のタイミングでしたね。

消費税は3%→5%→8%→10%と改定されています。

郵便料金はどのように変わっていったでしょうか?

平成元年4月1日(1989年) 消費税(3%)導入
・ハガキ:40円から41円
・手紙:60円から62円

平成9年4月1日(1997年) 消費税(5%)導入
・ハガキ:41円から50円
・手紙:62円から80円

平成26年4月1日(2014年) 消費税(8%)導入
・ハガキ:50円から52円
・手紙:80円から82円

平成29年6月1日(2017年)
・ハガキ:52円から62円

ちょくちょく値上げしていますね。
せっかく覚えても、すぐに変わってしまいますね。

ネットの声は?

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は10月からの消費税増税に伴う、郵便料金の改定について調べてみました。

消費税が上がるのだから、必然的に値上げになるのは仕方ないかもしれませんが、

せっかく覚えても、また覚えなおしで、一体いくらだっけ?となる人も

多いのではないでしょうか?

そもそも郵便でやり取りすることが少なくなってきている昨今、

ますます郵便離れが進むのでは?と心配されますね。

ニュース
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩