視力回復にはブルーベリー!果たしてこの効果は?

雑学

 

皆さん、日々のパソコンやスマートフォンの利用で目が疲れていませんか?
そんなときはブルーベリーがいいと聞いたことありませんか?
視力回復にはブルーベリー。果たして本当なのでしょうか・・・?

 

 




視力回復にはブルーベリーというのは本当?

 



スポンサーリンク

まずはブルーベリーとは?

 

ブルーベリーは、ツツジ科のスノキ属の小果樹です。

その果実が濃い青紫色に熟すのが特徴です。

日本にはクロマメノキ、ナツハゼ、シャシャンボなどが知られています。


さて、そんなブルーベリーが疲れ目に良いとされ
パソコンやスマホなどで長時間目を酷使している人は
こまめに摂取しているかもしれませんね。

 

 

ブルーベリーが目に良いとする風説のきっかけは?

 

巷ではなぜブルーベリーが視力回復に良い食べ物と言われているのか?

 

きっかけは、第二次世界大戦中のイギリス軍パイロットの一言。

「ブルーベリージャムを食べた後は目が良く見えて、撃墜率が良くなる」

だったそうです。

 

 

ブルーベリーが目にどのような効果があるのか?

 

 

この言葉に着目した研究者がブルーベリーと目の関係について調べました。

その結果、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」
「ロドプシン」という成分の合成を促進する効果があることが分かりました。

疲れ目や、かすみ目などの症状はこの「ロドプシン」の不足が原因とされるので
ブルーベリーはそれらの症状を軽減し、回復を促進する働きがあります。

 




それではやはりブルーベリーが視力回復になる?

 


ということは、やはりブルーベリーは視力回復になるではないか!
そう思いますよね。

しかし実際はこの「ロドプシン」という成分の合成を促進する効果は
24時間程度しか持続しないことが分かっています。

前に紹介したイギリス軍パイロットも、ブルーベリージャムを食べた日のみ
撃墜成績が上がっていたそうです。

 

 

 

まとめ

 

さて、現代の日本人はスマートフォンなどの影響で視力低下などの症状が多いと思います。

このように毎日の生活でパソコンやスマホなどの使い過ぎで近視になったり

老眼になって恒常的に視力が落ちた人は、いくらブルーベリーを食べても

残念ながら視力回復はしません。

 

ブルーベリーの成分が回復させるのは「角膜」なので、視力回復には直接影響しないのです。

ブルーベリーが効くのは「眼精疲労」といったところでしょうか?

 

それではまた。



雑学
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩