「令和」をひっくり返すと「平成」に!アンビグラム作品が話題! 


4月1日に発表された新元号「令和
かなり話題になっていますね。
そんな中、「令和」の文字を逆さにすると「平成」と読める作品が、
ツイッター上で注目を集めています




スポンサーリンク

アンビグラムとは?

さて、そもそもアンビグラムとはなんでしょう?

アンビグラムとは、異なる方向からも読み取れるようにした
グラフィカルな文字のことです。

今回、話題の作品を投稿したのは、アンビグラム作家として活動している野村一晟さん。

これまでにも、「努力」をひっくり返すと「才能」になったり、
「独創」をひっくり返すと「模倣」になったり、といった作品を発表してきました。

 

1時間後には多くのツイートが!

そんな野村さんが1日12時42分に、

『平成』がさかさにすると『令和』になる文字を作りました

とツイートを投稿しました。

この投稿に対して、「お見事」「すべては繋がっているのですね」
「仕事が早すぎる」といった多くのコメントが寄せられ、
リツイートは1万、いいねは4万を超えているそうです。

 

野村さんのコメント

野村さんは1日の11時半から予定されていた発表に合わせて、
テレビを見ながらパソコンの前にスタンバイ。

令和と発表された時の第一印象について、

「これはできるかわかんないぞと、とても緊張しました」と振り返っています。

特に「令」「成」の組み合わせには悩んだようです。

それにしても見事な完成度!
「時代が変わる節目なので、象徴的な作品にしたいと考えていました。
たくさんの反響がいただけてうれしいです」と野村さんも満足そうですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

過去にも「昭和」をひっくり返すと「平成」になる
アンビグラムを作成したことがあった野村さん。

今回も見事に「平成」を「令和」に変換しました。

新元号の発表のときに、官房長官がこのアンビグラムを持って、

ひっくり返して発表したりすると面白いなと個人的に思いました。

素晴らしい才能の野村さんに驚きです!

ニュース
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩