なつぞら(朝ドラ)主題歌にスピッツ起用!歌詞が冬なのはなぜ?


スピッツが、広瀬すずがヒロインを務める、

2019年度前期の「連続テレビ小説」100作目が『なつぞら』
(4月1日スタート、月~土 前8:00 総合ほか)の主題歌として、
「優しいあの子」を発表しています。




スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』

4月1日から放送されるNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』

広瀬すずがヒロインを務める今回の作品、
戦争で両親を亡くし、北海道・十勝に移り住んだ主人公・奥原なつ(広瀬すず)が、
十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、
当時は「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に飛び込んでいく、
というあらすじ。

共演者は松嶋菜々子、藤木直人、岡田将生、吉沢亮、高畑淳子、草刈正雄ほか

「なつぞら」なのに冬の歌?

なつぞらの主題歌に起用されたスピッツ。

しかし、歌詞は夏ではなく冬のイメージ。

これにはちゃんとした理由があるようです。

季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を
想わずにはいられない。
厳しい冬を経て、待ちに待った夏の空、という解釈だそうです。

草野マサムネ(スピッツ)のコメント

記念すべき“朝ドラ”100作目、大好きだった「おしん」や「あまちゃん」のようにインストがいいのでは? とも考えましたが、今回は歌ありです。ドラマタイトルが「なつぞら」なのに詞がかなり冬っぽい仕上がりになってます。これには理由がありまして、お話をいただいてから何度か十勝を訪ねました。そこで感じたのは、季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を想わずにはいられないということ。「なつぞら」は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空、という解釈です。広く美しい北海道の空の力で書かせてもらいました!

まとめ

いかがだったでしょうか?

女優の広瀬すずがヒロインを務めるということで、

視聴率も気になる連続テレビ小説、『なつぞら』

 

その主題歌として選ばれたスピッツも話題を集めそうですね。

スピッツの新曲「優しいあの子」にも注目です!

エンタメ
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩