40歳以上の中高年引きこもり・その人数に驚愕!一体なぜ?

Pocket

内閣府が3月29日、驚きの調査結果を初めて発表しました。
なんと!中高年の引きこもり数が61万人を超えたということです!

男女比だと、その4分3は男性で、最も多かった理由が「退職」でした。




スポンサーリンク

なぜ40歳以上の男性が多いのか?

ではなぜまだまだ働き盛りの40歳以上の男性が多いのか?

まず、引きこもりのなってしまったきっかけとしては、
・退職してしまった
・人間関係が上手くいかなかった
・病気になってしまった

この3つが原因のようです。

確かに、働いていく中での人間関係は難しいところもあります。

本当にちょっとしたきっかけが原因です。

私にも経験があります。
なので共感できる部分はあります。

また、男性が多いのも分かる気がします。
男性は自分を追い込んでしまうタイプが女性よりも多いのではないでしょうか?

それにしてもその人数の多さには驚きです!!

 

親と同居する未婚者の増加も要因?

中央大学の山田昌弘教授によると、「引きこもりは増加傾向にあり、
それは親と同居する未婚者の増加と強く連動している」とコメント。

また引きこもりの4分3が男性であることに関して
「男性と女性を比べた場合、日本社会は学歴や職歴で男性により厳しい社会のため、
結果として男性が引きこもる可能性が高くなる」と分析しています。

確かに未婚で親と一緒に暮らしていると、どうしても「甘え」が出てしまう
可能性はありますね。

未婚は少子化にも繋がりますし、今後の日本経済に良い影響を与えないのは確実です。

 

ネットの声は?

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の調査は、満40歳~満64歳を対象にしたそうです。

今は、自宅から外に出なくてもネットで買い物もできるし、
どうしても人目につかないように外出したいときも、
24時間営業のお店はたくさんあります。

しかし、いつまでも親が生きているわけではありません。

少しずつでも外に出て、人と繋がっていくことで
社会に復帰できるようになってほしいですね。

 

ニュース
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩