西野カナ3月18日誕生日結婚へ!お相手は市川海老蔵似の元マネージャー


2019年2月に無期限で活動を休止した歌手の西野カナ(30)が、
誕生日を迎える18日に結婚することが分かりました。

スポンサーリンク

西野カナ、誕生日結婚へ

 




 

西野カナについて

1989年(平元)3月18日生まれ、三重県出身の30歳。
大学生だった08年2月にシングル「I」でメジャーデビュー。
10~18年まで9年連続でNHK紅白歌合戦に出場。
16年に「あなたの好きなところ」で日本レコード大賞を受賞。
17年には平成生まれの女性ソロ歌手として史上初のドーム公演を開催。
ヒット曲に「Darling」「トリセツ」など。愛称はカナやん。血液型A。

デビュー当時、18歳の女子大生だった西野カナ。
同世代の女性に愛されたシンガーでした。

西野カナ結婚式の定番曲

西野カナといえば、結婚式でよく歌われる曲で有名ですよね。

例えばどのような曲なのか紹介します。

・Dear Bride
「今日から君が歩いてく新しい未来への道」という歌詞から曲はスタートします。
「空に鳴り響く幸せの鐘 ついにこの日がやって来たんだね」
「嬉しい日も不安な日も君のそばには 彼がいるよ」と、
結婚式にはピッタリの歌詞になっています。

 

・トリセツ
「この度はこんな私を選んでくれてどうもありがとう」
「一点物につき返品交換は受け付けません。ご了承ください」
「これからもどうぞよろしくね」
「こんな私だけど笑って許してね」
「ずっと大切にしてね。永久保証の私だから」

女性の気持ちや行動が取扱説明書のように描かれているのが特徴的ですね。

 

・Bedtime Story

「むかしむかしあるところに不器用な男の子と少し気の強い女の子がいました」
「愛してる誰よりも、君が思うよりも」
「頼りないかもしれない、でも必ず守るから」

二人が出会って、プロポーズをして、幸せになっていく様子が歌詞に込められています。

 

他にも結婚式にはオススメの恋愛ソングがたくさんあります。

西野カナの曲はBGMにはピッタリです。

 

ファンの声は?

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

2月に無期限で活動を休止した西野カナさんの結婚報道

恋愛ソングのカリスマだった彼女が3年以上の交際期間を経て、ついにゴールインします

2月3日に横浜アリーナで開催した休止前のラストライブでは、
ファンに「またね!」と元気よく再会を誓った彼女。

新妻となった彼女の今後の活動に注目です。

エンタメ
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩