結婚式のご祝儀を奇数にするのは?二人が別れないため?本当の理由は?

雑学

 

皆さん、結婚式に招待された時のご祝儀は「奇数」になるようにしてますよね?
私もそうです。「別れないように」という意味を込めてです。
でも実は奇数にする本当の意味があるそうなんです・・・

 




ご祝儀を奇数にするのは「割り切れない」からではない!?

 




 

スポンサーリンク

なぜ奇数が当たり前になったのか?

 

結婚式や披露宴で包むご祝儀は、世間的には奇数で3万円くらいが
相場ではないでしょうか?

「二人がいつまでも別れることなく幸せに」との意味を込めて
わざと奇数にしていると思っていますよね?

 

私も今までそれが当たり前だと思ってきました。
また小さい頃からそのように教わった気もします。
そしてこれからもきっと、奇数でご祝儀を用意します。

 

いつの間にかこの習慣が当たり前になったのでしょうね。

 

 

 

奇数が縁起が良いとされる本当の理由

 

奇数が縁起が良いとされるには、実は全く違った理由があるそうです。

 

それは古代に日本に伝わった中国の思想「陰陽」に端を発するそうです

 

そして奇数は「陽」、偶数は「陰」とされ
陰の偶数を避ける習慣が生まれました。

 

日本でも昔からその伝えの通り考えられていたようです。

 

宴会などの手締めは「三本締め」「一本締め」ですよね


また子供の成長を祝うのも「七五三」と全て奇数です。


この他にも、名所などを「三大〇〇」という言い方でくくります。
やはり全て「奇数」です。

 

これらは全て「陽」である奇数が尊ばれてきたからでしょう。

 




結婚式のご祝儀は奇数にすべき?

 


ではやはり結婚式のご祝儀は「奇数」にするべきですね!
と言いたいところですが、
実際は2万円とかの「偶数」でも全く問題ないと思います。

 

むしろ新郎新婦を「ペア」という意味であえて偶数にするのもアリだと思います。
最近は偶数のご祝儀に抵抗を感じない人も増えています。

 

要はお祝いの気持ちがこもっていれば、偶数だろうが奇数だろうが関係ないですよね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

会社の同僚や友人の結婚式のご祝儀で悩まれる方は意外と多いものです。
奇数は「陽」、偶数は「陰」と言われたら、あえて「陰」にすることもないのかも
しれませんが、あまりこだわる必要もなさそうです。

 

ただ、確かに奇数は縁起が良いとされて、今日まで偶数を避ける習慣が
あるのも事実です。

 

気にされる方もいらっしゃるので、その辺は気を付けた方がいいかもしれませんね。

 

 

それではまた。




 

 

雑学
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩