雛人形を飾るタイミングは?片付けが遅れるとお嫁にいけない?

雑学

 

皆さん、雛人形はいつから飾っていますか?またいつごろ片付けていますか?
これは特に決まりは無いそうですが、良いとされる日や悪いとされる日はあるようです。
今回は雛人形について少し考えてみました。

 





雛人形はいつから飾り、いつ片付けるのが良いのか?

 




スポンサーリンク

雛人形はいつから飾る?

3月3日、桃の節句にお飾りする雛人形ですが、いつから飾るのが適正なのでしょう?

結論から言いますと、いつからいつまでといった期間に、決まり事や正解はないようです。

ただこの日が良いとされる日はあるようですね。

 

例えば、お雛様を飾る時期は、立春(節分の翌日、2月4日ごろ)から
2月中旬にかけてが良いと言われています。

節分で豆まきをして「厄を払ったあとにお雛様を飾る」という流れですね

 

 

逆に雛人形を飾るのに縁起が悪い日があるようです。

ひな祭りの前日、3月2日です。

3月3日節句の前日に雛人形を飾るのは、「一夜飾り」とも言われ縁起が悪いとされています。

これは、一夜飾りはお葬式をイメージさせてしまうからです。

前日だけは避けた方が良さそうですね。

 

 

 

雨水(うすい)に飾ると良縁がある?

また「雨水」にお雛様を飾ると良縁につながるとも言われているようです。

 

「雨水」とは、二十四節気のひとつで、温かさに雪や氷が溶けて雨水として降り注ぐ日のことです。

 

「水」は命を象徴する源とも言えます。
水神の弥都波能売神(みつはのめのかみ)は、豊穣をもたらす農耕神とされ、
子宝や安産の神とも信仰されています。

こうした事もあり、雨水の日におひな様を飾る事は、良縁につながるという逸話があるようです。

2019年だと、2月19日~にあたります。

 

 

 

では雛人形はいつまで飾る?

3月3日が終わったら片付ける地方が多いのですが、
旧暦(4月3日)まで続けて飾る地域もあるようです。

ただ雛人形を片付ける日取りには、決まりがある訳ではありません。

 

雛人形を早く出したり、遅くしまったからといって問題になる事はないようです。

 

雛人形をしまうのが遅れると、お嫁に行けない。と巷ではよく聞かれますが、
結論から言いますとただの迷信です。

 

この迷信は、「片付けがちゃんとできないようでは、きちんとした女性になれず、お嫁さんにもなれませんよ!」と、しつけの意味を込めての言い伝えのようですね。

 




雛人形を片付けるのは天気が重要?

お雛様の片付けは、よく晴れた湿気のない日がいいようです。

 

天気がよい日は湿度が低く、お雛様に負担がかかりません。
雛人形に使用している生地は湿気に弱く、湿度が高い天候の悪い日が大敵なのです。

 

お雛様に湿気を残したまましまってしまうと、来年出してみるとカビやシミが……という結末になりかねません。

婚期を逃してしまうと焦ってしまうよりも、お天気と相談しながら大切にしまってください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

雛人形は特にいつから飾って、いつまでに片付けるといった決まりはないようですが
縁起の悪い日に飾るのは避けて、天気の良い日に片付けるのがベストではないでしょうか?

 

ちなみに、雛人形を片付けるタイミングに迷ったら、
啓蟄の日(けいちつのひ)がベストだと言われているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

「 啓蟄の日」というのは、二十四節気のなかのひとつで、3月6日頃のことを指します。

 

お雛様は、お子様を守ってくれるお人形なので、丁寧に扱いたいですね。

 

それではまた。



雑学
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩