六月病とは?サラリーマンは鬱に注意!五月病より怖い理由は?


「六月病」をご存じでしょうか?新入社員や学生を中心に、大型連休明けに
倦怠(けんたい)感や疲労感などの症状が出る「五月病」は有名ですが、
「六月病」といわれたら、知らない方もいるかと思います。
実はこの「六月病」は「五月病」より深刻だといいます。
その理由は?「六月病」について調べてみました。

スポンサーリンク

六月病とは?

では、そもそも「六月病」とはどんなものなのでしょう?

基本的には「五月病」と同様の症状6月に増えてくるので

「六月病」と呼ぶそうですが、いわゆる「適応障害」です。

五月病・六月病は特に社会人に多く、

精神的な症状だけでなく、食欲不振や、めまい、動悸などの

体の不調を訴える人も多く、新しい環境の変化についていけない

焦りやストレスが、体の症状となって出てきます。

うつ的な状態になる ”こころの病気”です。

六月病の原因は?

4月から、学校や職場でいろいろな行事や、

新しい人間関係作りという環境の大きな変化による

心身の重積したストレスが原因で五月病になると言われています。

そして、6月に入り落ち着いたところで、蓄積された疲労やストレスが

表面化して心身の不調を訴えるケースが増えています。

一般社団法人「カウンセリングルームビッグスマイル」の大槻久美子氏

次のようにコメントしています。

「五月病を乗り越えた人も、六月病には注意が必要だ。
五月病は新入社員や大学生に多いが、六月病は人事異動などで
環境が大きく変化した社会人の方が危険だ」

「すでに社会人を何年も経験している人は、
五月病を意識して過ごしている人も多いが、
6月は祝日もなく気候も比較的ジメジメしていることもあって、
頑張りすぎから心が折れてしまうことがある」と警鐘を鳴らしています。






六月病になりやすい人

これもよく言われますが、五月病同様、

真面目すぎる人や頑張りすぎる人は注意が必要です。

人目を気にするあまり、環境に過剰に適応しようとして

逆に自分をどんどん抑え込んでしまいます。

その結果、大きなストレスを感じてしまい、発症しやすくなってしまうのです。

やる気が出なかったり、不眠、食欲低下などの症状がみられ、

悪化すると鬱状態になるケースもあるというから怖いです。

ネットの声は?

 




まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、六月病とは?サラリーマンは鬱に注意!五月病より怖い理由は?

ということで、六月病について調べてみました。

今年は特に10連休だった人もいると思います。

そのため、五月病にならないように気合を入れて頑張った結果、

頑張りすぎたために、六月に入ってから急に心が折れてしまう可能性もあります。

六月病を予防する方法については、

誰かと話したり食事に出掛けたりするといいそうです。

他にも、散歩をしたり、趣味に時間を費やしたり、

自分にとってストレス解消となることを見つけて

乗り越えてほしいですね。

自分は大丈夫と思っていても、案外分からないものです。

他人事と思わずに、注意が必要ですね。

仕事
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩