ビックカメラの紙袋が話題!「令和」まで248元号を網羅!


ビックカメラの紙袋が話題になっています!
通常は家電メーカーなどのロゴマークが列挙されているビックカメラの紙袋ですが、
なんと家電メーカーではなく、「元号の一覧表になっている」そうです!
このアイデアに素晴らしいの声が多く集まり、話題になっています。
今回はこのビックカメラの紙袋について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ビックカメラの紙袋について

通常は家電メーカーなどのロゴが印刷されているビックカメラの紙袋ですが、

新元号を記念して期間限定でデザインが切り替わっているようです。

紙袋の右上には西暦で「645-2019」と記されており、

中心部分には「大化」から「令和」に至るまでの248の元号がズラリと

書かれています。

これはこの紙袋欲しさにビックカメラに行きたくなりますね!

 






紙袋以外にも令和づくし

この紙袋も素晴らしいのですが、

ビックカメラが行っている「令和」のキャンペーンはまだありました

まず販売員は「令和Tシャツ」を着て接客しています。

そして、元号の由来や過去の元号を記載したカレンダーを配布したり、

税込み5000円以上の購入で、「令和Tシャツ」のプレゼントや、

「令和」と「ビックカメラ」のロゴが印刷された

紅白まんじゅうの配布なども予定しているようです。

ネットの反応は?




まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はビックカメラの紙袋が話題!「令和」まで248元号を網羅!ということで

令和づくしのビックカメラさんについて調べてみました。

ビックカメラ担当者の方も、

「今回は楽しく改元のお祝いムードを盛り上げたい」

話していました。

改元などは数十年に1回なので、

この歴史的瞬間に立ち会えたことは、素晴らしいことですよね。

まだこの令和キャンペーンは行っているようなので

近くにビックカメラがある人は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

ニュース
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩