鼻がつまった時の対処法!つまった方を上にする。その理由に納得!?

雑学

 

皆さん、人間は呼吸する際に、実は鼻の穴を片方しか使っていないってご存知でした?
じゃあなぜ二つあるのでしょう?これも当然ちゃんとした理由があるのです。

 

 

呼吸時に鼻の穴は片方しか使われていない!?

 

 







スポンサーリンク

まず鼻の穴が二つある理由は?

 

そもそも鼻の役割とは?「嗅覚」「呼吸」ですね。
そのためには穴が二つあることが重要になってくるのです。

 

嗅覚においては、匂いの方向距離を把握するためです。
穴が一つでは方向が分からなくなるのです。

 

モグラを使った実験報告があります。

モグラは暗い土の中で行動するので、「視覚」「聴覚」はほとんど機能しないそうです。
そのために「嗅覚」が非常に発達しているのです。

 

モグラにも鼻の穴は二つあるのですが、その一つをふさいでみる実験をしたところ
進行方向が分からなくなり、同じところをクルクル回り、エサに到達できなかったそうです。

 

人間は暗い土の中で行動するわけではないので、「視覚」などでモグラのようにはなりませんが
理屈は同じだと思います。

鼻の穴が二つあることで、正確な方向をつかむことができるのです。

 

 




呼吸の際には鼻の穴は片方しか使用しない?

 

 

では、人間はいつも2つの鼻の穴を同時に使用して呼吸しているのでしょうか。

答はNOです。

 

人間は酸素を多く必要としない場合、一つの穴だけで呼吸をしています。

そしてそれは。1時間から2時間おきに左右が交代しているのです。

 

交代をすることで、片方の鼻の穴を休ませてエネルギーを節約したり、
ウイルスや細菌などの外敵が侵入するリスクを低くしているのです。

 

皆さんも風邪をひいて鼻がつまっているとき、左右が変わってしまうことがあると思います。

「さっきまで右がつまっていたのに・・・」とかになるのは、
私たちが片方の鼻の穴で交互に呼吸している証拠です。

 

 

 

右の鼻がつまったときの対処法

因みに風邪や花粉症で、右の鼻がつまった場合
体の左側を下にして横向けに寝ると、右の鼻の穴の通りが良くなります。

 

これは自律神経の動きで、上になっている鼻の通りが良くないと呼吸しづらく、
また臭いも感じにくくなるため、無意識にそちら側を開けようとしているのです。

 

これらも全て、呼吸時に鼻の穴は片方しか使われていないことからくる現象なのです。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

人間の鼻の穴は二つあるのに、実際には片方ずつ使われていたのです。

 

この現象を利用して、風邪などで右の鼻がつまってたら、
体の左側を下にして寝てみることで改善したりします。

 

だからといって、一つではなく、二つあることで、
人間は正確な方向や距離を把握することができるのです。
これは目や耳も同様です。

 

それではまた。




雑学
スポンサーリンク
ひでのぶをフォローする
スポンサーリンク
経理ひでのぶの休憩